0

モリちゃん漫画 vol.020

プロが教える『シワ対策』大特集。 プロが教える『シワ対策』大特集。

女性の肌悩みの上位に入るのが、年齢と共に増える「シワ」。今回の特集では、化粧品を通して肌悩み解消を提案する「コスメコンシェルジュ」が、気になるシワの原因とシワ改善テクニックをご紹介します。

今すぐ始めたい本気のシワ対策。 今すぐ始めたい本気のシワ対策。

秋はシワが増えやすい!?

ママ

空気が乾燥しがちなこれからの季節、肌のつっぱりや、かさつきとともに、シワが気になってくるなんてことはありませんか?そんなシワを放っておくと、深いシワの原因になってしまうんです。
しかし、一言にシワといっても「乾燥による小ジワ」と「年齢によるシワ」の2種類があるのをご存じですか?本気でシワ対策を始める前に、まずはそれぞれのシワの特徴を知っておきましょう。

目元口元にできる
浅く細かい乾燥小ジワ

浅く細かいシワ

目の下や口の周りなど、皮膚の薄い部分にできる浅く細かいシワが「乾燥小ジワ」です。若い人でも、日焼けなどで肌がひどく乾燥した後に現れることがあります。

肌のターンオーバーが正常な場合は、保湿ケアなどで回復しやすいのですが、放っておくと徐々にシワの数が増えて、大きなシワの原因になることもあります。

乾燥小ジワの原因は角質層の乾燥。

栄養バランス

乾燥小ジワの原因は、肌表面にある角質層の乾燥です。角質層が乾燥することで細胞と細胞の間に小さなすき間ができ、そのすき間が細かいシワとなって現れるのです。
乾いた空気や紫外線ダメージなどによって現れやすいので、この時季は特に注意が必要です。

加齢によって
深く刻まれる年齢シワ

深いシワ

俗に「カラスの足跡」と呼ばれる目尻のシワや、口の両側にくっきりできるほうれい線、眉間、額などに刻まれる大きく深いシワが「年齢シワ」です。
乾燥小ジワが若い世代でもできるのに対し、年齢シワは40~50代以降から目立ちはじめ、年齢とともにくっきりと刻まれるようになります。

年齢シワの原因はコラーゲンの減少。

年齢シワ

年齢シワの原因は、真皮層のコラーゲンの減少です。肌の奥にある真皮層のコラーゲンが減少すると、肌に弾力がなくなって肌表面を支えきれなくなり、肌が折りたたまれて深い溝のようなシワになります。

40代のコラーゲン量は20代の約半分!?

加齢によるコラーゲンの減少

真皮層のコラーゲンが減少する主な原因は、加齢による「コラーゲン産生力」の低下です。若い頃は、自らコラーゲンを作る力がありますが、年齢とともにこの力は衰え、新しいコラーゲンを作ることができなくなります。
実際に、真皮層のコラーゲンは30代以降、どんどん減少していき、なんと40代では20代のときの約半分になり、さらに60代になるとコラーゲンは20%以下に減少するともいわれています。

加齢によるコラーゲンの減少

年齢シワ対策の決め手は
真皮層のコラーゲンを増やすこと。

年齢シワの改善には、加齢によって減っていく真皮層のコラーゲンを増やすことが第一です。
しかし、一般的な乾燥対策用の化粧品に配合されているコラーゲンは、肌表面に潤いを与えてくれる一方、肌の奥までは浸透しにくいため、真皮層のコラーゲンを増やすことはできません。
そこで、外からコラーゲンを補うだけでなく、体の中での「生成をサポートする」ケアで、真皮層のコラーゲンを増やすことが必要なのです。

コスメコンシェルジュが教える コスメコンシェルジュが教える 小川陽葵

乾燥小ジワ対策 乾燥小ジワ対策

保湿

乾燥小ジワ対策にもっとも大事なのは、角質層の潤いをキープすることです。保湿力の高い化粧品を使うこともひとつの方法ですが、いつものケアにひと工夫してさらに効果的に角質層の潤いをキープしましょう。

ハンドプレス保湿 ハンドプレス保湿

化粧水や乳液、美容液を手のひらで温めてから適度な圧力をかけながら塗ることで、保湿成分の浸透力が高まります。

step step

化粧水(または乳液や美容液)を手にとって3秒ほど温める。

step step

顔全体に広げ、頬、額、フェイスラインなどを手のひらで10秒ほど軽く押さえる。

step step

小鼻や目元など細かい部分をそれぞれ10秒ほど指の腹を使って押さえる。

特に乾燥が気になるときの
スペシャルケア

ミルフィーユ保湿

洗顔後に、乳液→化粧水→乳液の順序で重ねると、乳液で肌が柔らかくなり、化粧水の浸透力がアップします。

ミルフィーユ保湿

おやすみ保湿

ベッドに入る直前にも、オイルやクリームを薄く顔に塗り、睡眠中の乾燥を防ぎましょう。朝まで潤いをキープできます。

おやすみ保湿
塗りすぎには注意 塗りすぎには注意

年齢シワ対策 年齢シワ対策

コラーゲン生成

年齢シワの大きな原因は、加齢によるコラーゲンの減少です。食事やツボ押しなどでコラーゲンの生成をサポートして肌の弾力を取り戻し、年齢シワの改善を目指しましょう。

コラーゲンを増やす食事術 コラーゲンを増やす食事術

肉や魚と一緒にビタミンCを摂る。

体内のコラーゲンを根本的に増やすには、コラーゲンの材料となる肉や魚などの「たんぱく質」をしっかり摂ることが大切です。
ただし、たんぱく質が体内でコラーゲンになるためには「ビタミンC」も必要なので、「たんぱく質」と一緒に、必ずビタミンCが豊富な食材を摂るようにしましょう。

コラーゲンの生成をサポートするお手入れ術 コラーゲンの生成をサポートするお手入れ術

「マッサージ」でサポート。

「マッサージ」でサポート。

肌のターンオーバーが乱れると、コラーゲンの生成がスムーズにいかなくなります。マッサージで新陳代謝を高め、ターンオーバーを整えましょう。全身の血行が良くなっているお風呂上がりにおこなうのがオススメです。

「ツボ押し」でサポート。

「ツボ押し」でサポート。

女性ホルモンである「エストロゲン」には、肌のコラーゲンを作り出す働きがあります。「エストロゲン」の分泌を促す「帰来(きらい)」というツボを指の腹でやさしく押してあげましょう。

帰来(きらい)…おへそから指5本分下、中央から指3本分両外側にある。