0

カラダ喜ぶ旬ごはん vol.054

かぼちゃの塩かりんとう

たっぷり春菊の鶏つくね
材料(2人分)
  1. 春菊 1袋

A

  1. 鶏ひき肉 200g
  2. たまねぎすりおろし 大さじ2
  3. マヨネーズ 小さじ1
  4. 塩・胡椒 少々
  5. 片栗粉 大さじ1と1/2
  6. 卵白 1個分
  1. ごま油 大さじ1

B

  1. 酒・みりん・しょうゆ各大さじ2
  2. 砂糖 大さじ大さじ1
  1. 卵黄 1個分

  • 1 春菊は小口切りにする。
  • 2 ボウルにAの材料をすべて入れ、よくこねる。粘りが出たら①を加え、全体を混ぜ合わせる。
  • 3 フライパンでごま油を熱し、弱めの中火にする。②をスプーンですくって、スプーンを2本使って形を整え、フライパンに並べ入れる。
  • 4 4分焼いたら裏返してさらに4分焼き、一旦皿に取り出しておく。
  • 5 キッチンペーパーでフライパンに残った油を拭き、Bを入れて中火にかける。とろみがついたら火を止めて④を戻し入れ、タレと絡める。
  • 6 器に盛り付け、卵黄を添えていただく。

今月の旬の食材紹介 春菊 今月の旬の食材紹介 春菊

鍋に欠かせない春菊には
冬に嬉しい効果がいっぱい

 独特の香りや苦味が特徴のお鍋には欠かせない「春菊」。実は、肌荒れを防ぐβカロテンが豊富で、乾燥が気になる冬に嬉しい美肌野菜です。香りには免疫力アップや整腸作用があり、他にも風邪を防ぐビタミンC、貧血改善の鉄分など、春菊には健康に欠かせない栄養もいっぱいです。
 春菊の苦味が苦手という方にオススメの調理法は、軽く加熱すること。葉と茎を分け、先に茎をゆでた後、葉を加えて10秒ほどで火を止めます。これだけで苦みが抑えられ、旨みをより感じやすくなりますよ。ぜひお試しください。

レシピ監修

江口千津美

フードコーディネーター 江口千津美 フードコーディネーター 江口千津美

コピーライターを経て、料理教室を主催。同時にメニュープランニング、販促プロジェクトに参加。フードコピーライターなど仕事分野は多岐にわたる。

江口千津美